IACTの
サービス

知的財産紛争、特に特許紛争は、いくつかの面で特徴的です。紛争は、しばしば複数の管轄域にまたがります。裁判所での訴訟は、行政手続のために中断することがあります。迅速な解決が多くの場合に望まれます。 IACTの紛争解決は、皆様のさまざまな御希望や御要望に対応します。 知財仲裁に関する質問と疑念に対する回答を、ここで見つけてください。  

並行訴訟を回避する方法

国際仲裁が終局した場合、仲裁決定は、例外的な状況でのみ無効となりえます。もし、仲裁で主張されたクレームが、後に特許庁によって無効であると判断された場合、仲裁判断はどうなるのでしょうか? 

Res Judicata of Arbitration International Perspective.jpg

IP戦略としての仲裁条項

フォーラムの選択は、誰にとっても重要問題です。仲裁合意に達することは、将来の紛争解決上の困難を回避するために、多数の利点があります。

Dispute Resolution Provisions in International Agreements Robert Parker.jpg

日米の知財システム

Winston&StrawnのパートナーであるTom Jarvis氏は、日本のライセンシーが米国への侵害品の輸出に関与している場合の、特許所有者/ライセンサーがとりうる効果的な対策について説明します。 

Strong Remedy for IP Disputes at US ITC Thomas Jarvis.jpg

日米の知財システム

阿部井窪片山法律事務所のパートナーである服部誠氏は、日本のライセンシーが米国への侵害品の輸出に関与している場合の、特許所有者/ライセンサーのとりうるさまざまな措置について説明します。 

知的財産紛争における仲裁の活用 服部誠.jpg