Cherry Blossom

We have updated our Privacy Policy and Cookie Policy.

IACT

東京国際知的財産仲裁センター

仲裁を開始するには

仲裁を開始するには

仲裁のような裁判外紛争解決手段は可能です

連絡先

連絡先

お問い合わせはこちらに

IACT events

IACT events

IACT関連のイベントをご覧ください

仲裁条項

仲裁条項

仲裁条項を作成するには

よくある質問

よくある質問

質問に対する答えを掲載しています。

IACTでの仲裁の特徴

IACTでの仲裁が望ましい代替的紛争解決手段(ADR)となりうる理由には、次のようなものがあります。

 

1. 知的財産に最適化:知的財産権を巡る国際的紛争の解決に最も適した機 関です。

​​

2. 一年内に終結: 当事者間の別途合意がない限り、手続の正式な開始 (例えば、三人目の仲裁委員が選任されたとき)から一年以内に事件を 終結させます。

3. 全世界を網羅: 仲裁委員や調停委員は、世界中の主要な地域から選ば れています。当事者は、仲裁委員や調停委員の選任について合意するこ とができます。当事者が合意できない場合には、IACTが、当事者に通 知の上で、当事者や既選出の委員の地域と異なる地域から、仲裁委員や 調停委員を選定します。

4. 卓越した経験:多くの仲裁委員は、数千以上の複雑な事件を、裁判 官や仲裁人として担当、あるいは、組織の長として立法に関与するなどいたしま した。また、各国で現行法制度の形成にたずさわってきま した。

5. 費用対効果:IACTでは、係争額の割合に基づいた手数料でなく、事件審理に実際に費やされた時間に、仲裁人の時間給を乗じて計算することで、紛争処理の効率性を上げることができます。​

6. 柔軟性:IACTでは、調停-仲裁型、あるいは重層型のADRも、全大陸の著名な調停人の知識・経験であたることができます。当事者が仲裁になじみがない場合、当事者は、再審査委員会によるレビュー制度を利用できます。​

​運営

運営委員会

Randall R. Rader

委員長

設樂 隆一

副委員長

Zhang Guangliang

​副委員長

Seongsoo Park

​副委員長

Robin Jacob

​副委員長

事務局

玉井 克哉

最高経営責任者(CEO)

北岡 久美子

事務局長

仲裁人

IACT規則では、当事者は、どの仲裁人が手続を進めるかを決めることができます。

IACTでの仲裁手続に携わることができる仲裁人として、以下の世界でも最も経験豊富で尊敬されている元裁判官がいます。

アメリカ

Judge Randall R. Rader

Judge Sue Robinson

Judge Gerald Rosen

Judge Theodore Essex

中国

Judge Zhang Guangliang

Judge Xiuping Ou

Judge Zhipei Jiang

Judge Xiangyun Kong

Judge Lihong Duan

Dr. Yuan Hao

​オーストラリア

Judge Annabelle Bennett

韓国

Judge Seongsoo Park

Young-June Yang
DuckSoon Chang
Judge Kijoong Kang

日本

元裁判官 設樂 隆一

元裁判官 飯村 敏明

元裁判官 三村 量一

元裁判官 清水 節

ヨーロッパ

Judge Sir Robin Jacob

Judge Rian Kalden

Judge Fidelma Macken

​南アメリカ

Liliane Roriz

お問い合わせ

お問い合わせは、下記へお願い致します。

〒100-0005

 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階
TEL:+81-3-5218-5260
FAX:+81-3-5218-5263
Email: info@iactokyo.com

お問い合わせ

提出していただきありがとうございます!